第28回バイ・ディジタルO-リングテスト医学会
 
開催概要
会長挨拶
プログラム
演題募集
会場案内
お知らせ
第28回BDORT医学会開催案内書・参加登録用紙
 
告協賛・企業展示申込書

渉外及び院内掲示用ポスター

開催案内書・参加申込書..


プログラム

発表者の方へのお願い

※ 寄付をして下さった先生方・企業の名前 

 





第28回日本バイ・ディジタルO-リングテスト医学会
(28th Annual Meeting on the Bi-Digital O-Ring Test

大会テーマ [O-リングテストを次の世代に伝えるために

会期:2019年4月20日(土)~ 21日(日)  

開催会場:ANAクラウンプラザホテル神戸 9F会議室       

650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町1丁目)






医学会演題募集要項 抄録フォーマット

医学会演題募集要項

1 申込資格

原則として演者、共同演者ともに日本Bi-Digital O-Ring Test医学会会員に限ります。

2 募集演題

1)一般演題(症例報告・臨床研究)

2)シンポジウム関連演題

(テーマ:「O-リングテストを次の世代に伝えるために」)

3)関連分野/関連科学

3 抄録原稿の提出方法と締め切り

抄録提出期限:2019年 2月 末 日  必着

提出先アドレス: info@bdort.net

 

・演題を提出・採択された方には、大会事務局より抄録原稿作成用のファイルを送付いたします(ホームページからもダウンロードできます)ので、それを用いて抄録を作成し、eメールにて大会事務局まで送って下さい。

Acupuncture & Electro-Therapeutics Research The International Journalに英文抄録の掲載を希望される場合は英文抄録も作成して提出して下さい。掲載を希望されない場合は日本語抄録のみで結構です。

・発表テーマは、バイ・ディジタルO-リングテストを用いた診断・治療・基礎研究に関することなら、何でも結構です。

日本語抄録はA4サイズ、文字の大きさは12ポイント、タイトルは14ポイント(Bold)、余白は上下左右25mmづつに設定して下さい。

・英語抄録はLetterサイズ、余白は上下左右25mmづつに設定して、TimesまたはTimes New Roman 12point タイトルは14point(Bold)で書いて下さい。英文抄録には、日本語記号を用いないで、記号はSymbol文字等をお使い下さい。

・抄録は写真や図を入れ、誰でもわかるように書いていただき、長さはA4用紙およびLetterサイズ用紙2枚以内として下さい。

・名前の後にM.D.,D.D.S.、などの学位のわかるものをつけて下さい。

・抄録中に「BDORT」と記入される際は、省略(abbreviation)しない形にして下さい。

  最初にBi-Digital O-Ring Test(OMURA,Y.1977-2019;以下BDORT)等と記入して下さい。

・引用文献は必ず記載下さい。

・送付される時に、PCでの発表形式(自己のPC,オペレーター操作等)もお書き添え下さい。

4 演題応募に関するお問合せ(連絡にはできるだけE-mailをご利用下さい)

28回日本Bi-Digital O-Ring Test医学会大会事務局

830-0032 福岡県久留米市東町496

日本バイ・ディジタルO-リングテスト協会事務局内

TEL: 0942-38-4181 FAX0942-37-4131 e-mail: info@bdort.net

 

5 その他

会員の先生方には、奮ってご参加のほど宜しく御願い申し上げます。


<日本Bi-Digital O-Ring Test協会> 参加登録用紙   
広告協賛・企業展示申込書
名誉会長 大村恵昭(ニューヨーク心臓病研究所所長・国際鍼電気治療大学学長・ニューヨーク医科大学予防医学教授)
会長 下津浦康裕 (下津浦内科医院院長)

※ 寄付をして下さった先生方・企業の名前を掲載しています。

大会テーマ:O-リングテストを次の世代に伝えるために

特別講演:迫田綾子・日本赤十字広島看護大学客員教授                

                 鎌田東二・京都大学名誉教授

お問合せ先

28回日本Bi-Digital O-Ring Test医学会大会事務局

830-0032 福岡県久留米市東町496

日本バイ・ディジタルO-リングテスト協会事務局内

TEL: 0942-38-4181 FAX0942-37-4131 e-mail: info@bdort.net